スポンサードリンク

温泉の定義

温泉の定義:温泉とは温泉とは?

温泉は大昔から存在し人々に楽しまれ、癒しや療養を与えている温泉ですが、そもそも「温泉」とはどんなものなのでしょうか?

「温泉」といえば、地中から熱いお湯がコンコンと湧き出てくる様子を思い浮かべる方も多いと思います。

昭和23年に「温泉法」が制定され、「温泉」は以下のように定義されています。


【温泉法より引用】
地中から湧出する温水、鉱水及び水蒸気その他のガス(炭化水素を主成分とする天然ガスを除く)で、下記の1つ以上に該当するものを「温泉」という。

1) 源泉温度が25度以上
2) 源泉1kg中の溶存物質(ガス性のものを除く)の総量が1000mg以上
3) または、指定された18種の物質(「水素イオン」「フッ素イオン」
「メタほう酸」など)のうち、1つ以上が基準値に達しているもの


これらのうち、どれかが該当すれば「温泉」として登録承認をうけられます。

温泉というと熱いお湯を想像しますが、規定の成分を一定量含んでいれば冷たくても温泉ですし、 反対に源泉温度が25度以上であれば、規定の成分を含んでいなくても温泉です。

ちょっと温泉のイメージと違うな...と思う方も少なくないでしょう。



スポンサードリンク

関連記事

  1. 温泉の泉質
  2. その他の温泉分類方法
  3. 泉質と効能
  4. 温泉分析表
  5. 源泉掛け流し
  6. 泉温
  7. 温泉地の登録
  8. 天然温泉の看板

TOPPAGE  TOP 
フィード