スポンサードリンク

泉温

温泉の定義:泉温とは「泉温(せんおん)」とは、鉱泉が地上に湧出した時の温度または採取した時の温度のことで、源泉湧出口温度を示しています。

つまり、実際に入浴するお風呂の温度ではありません。湯船の温度については「使用位置温度」と呼ばれています。

同じ温泉地でも源泉により温度の違いがあるので、源泉が複数ある場合は代表的な源泉の温度を表示しています。

温泉分析表にも「泉温」と「使用位置温度」が表示されています。

熱い湯が好みの人もいれば、ぬるい湯が好きな人もいて、人それぞれですよね。自分が心地良いと感じる入浴温度に近い温泉を探してみましょう。

温度によって、体に与える影響も変わってきます。
一般的に、熱い湯は体を活発にする交感神経に働き、ぬるい湯は休息させる副交感神経の働きが高まることで知られています。



スポンサードリンク

関連記事

  1. 温泉の定義
  2. 温泉の泉質
  3. その他の温泉分類方法
  4. 泉質と効能
  5. 温泉分析表
  6. 源泉掛け流し
  7. 温泉地の登録
  8. 天然温泉の看板

TOPPAGE  TOP 
フィード