スポンサードリンク

三御湯

三御湯は、第84代順徳天皇のときに、皇室が選ぶ日本の名湯9ケ所の中に、「信濃、名取、犬養」の三温泉だけが「御湯」という称号をつけており、 古来これら(秋保温泉別所温泉野沢温泉)は「日本三御湯」といわれるようになった。

秋保温泉
(宮城県)
歴史は古く6世紀頃に発見され、江戸時代には仙台藩主の湯浴み御殿が置かれ、伊達政宗も入浴したという。宮城県の鳴子温泉、福島県の飯坂温泉とともに奥州三名湯にも数えられている。
→秋保温泉の温泉や露天風呂
別所温泉
(長野県)
「枕草子」において「湯は七久里、有馬の湯(兵庫県)、玉造の湯(島根県)」(三名泉)と賞賛している「七久里」(ななくり)は、この別所温泉のことを指すという説もある。慈覚大師が愛した「大師湯」、「真田太平記」にも登場する「石湯」、木曽義仲が入浴したと伝わる「大湯」と由緒ある共同浴場が点在する。
→別所温泉の温泉や露天風呂
野沢温泉
<犬養御湯>
(長野県)
野沢温泉村の中には30ヶ所以上もの源泉があり、13ヶ所の共同浴場がありそれぞれ泉質が微妙に異なる。共同浴場は全て無料なので、温泉巡りに最適。
→野沢温泉の温泉や露天風呂


スポンサードリンク

関連記事

  1. 三大胃腸病の湯
  2. 三大温泉
  3. 三名泉(『枕草子』による)
  4. 三名泉(林羅山による)
  5. 三古湯(三古泉)
  6. 三古湯(三函の御湯)
  7. 三大古泉
  8. 三大秘湯
  9. 三大薬泉
  10. 三大温泉街
  11. 三美人湯

TOPPAGE  TOP 
フィード