スポンサードリンク

三古湯(三古泉)

三古湯(三古泉)は、日本書記・風土記などに登場し、白浜温泉道後温泉の代わりに下呂温泉(岐阜県)、別府温泉(大分県)等を入れる説もある。

道後温泉
(愛媛県)
古代から知られ、古名を「にきたつ」(煮える湯の津の意)といい、万葉集巻一に登場する。伊予国(いよのくに)という名前も湯国(ゆのくに)が転じたものという説がある。夏目漱石の小説「坊っちやん」にも描かれ、愛媛県の代表的な観光地。
→道後温泉の温泉や露天風呂
有馬温泉
(兵庫県)
三古泉・三名泉の一つとしても知られていて、日本を代表する温泉地のひとつ。太閤秀吉が愛した温泉地としても名前が知られている。神戸や大阪から電車やバスで1時間足らずで行け、その立地の良さから、関西の奥座敷として古くからたくさんの人々に愛されている。
→有馬温泉の温泉や露天風呂
白浜温泉
(和歌山県)
南紀白浜温泉ともいわれ、温泉として非常に歴史が古い。海岸沿いに温泉施設、宿泊施設が広がっており西日本有数のマリンリゾートとしても発展している。
→白浜温泉の温泉や露天風呂


スポンサードリンク

関連記事

  1. 三大胃腸病の湯
  2. 三大温泉
  3. 三名泉(『枕草子』による)
  4. 三名泉(林羅山による)
  5. 三古湯(三函の御湯)
  6. 三大古泉
  7. 三御湯
  8. 三大秘湯
  9. 三大薬泉
  10. 三大温泉街
  11. 三美人湯

TOPPAGE  TOP 
フィード